【プニマンコネクト Muff Dive】キャルちゃんのアソコにリダイブ!!イボの応酬で亀頭をゴリゴリ刺激するオナホールでシコりました!

ハマ氏

ハマ氏

おっす!
とにかく明るいムッツリスケベ、東北の既婚者オナホーラーことハマ氏だべ!(@hamasi_onaho

嫁さんが相手してくれない時は風俗行って紛らわしてたけど、こんな情勢だから行けなくて色々と溜まってるんだよなぁ…。

んだがら最近はすっかり家にこもってスマホゲームばっかりやってたんだげんども、とある美少女ゲームにはまってしまったんだべw

そしたらばは、僕のハマったスマホゲームをパロディしたオナホを見つけたから、思わずポチってしまったべ!

ということで今回のオナニーのお手伝いをしてくれるのはコレ!

プニマンコネクト Muff Diveの画像

『プニマンコネクト Muff Dive』だべ!

もうこれは名前でわがるべなw

あの人気スマホゲームの『プリンセスコネクトRe:Dive』のパロディオナホだべw

ハマ氏

ハマ氏

通称プリコネの愛称で、かなり知られてるんでねがえがな?
ゲームはやったことなくても、2020年にアニメ化もされたから、知ってる人も多いはず。

んで、ハマ氏のパロディオナホシリーズの記事を読んでいる方なら、このオナホはどのメーカーが作ったか、もうお分かりだべ?

そう、天下のオナホメーカーのタマトイズさんが作ったんだべ!

やっぱり数多くのパロディオナホを発売してきたタマトイズさんのオナホは、話題性たっぷりなんだべな!

これまでも色々なパロディオナホを使用してきましたが、やっぱりタマトイズさんのオナホはレベルが高いと感じています。

でも意外とパロディ元は好きでも、オナホをあまり買ったことがなくて、はずれを引いてしまわないか不安な方もいるのではないでしょうか。

また、そもそもオナホを買うのが初めてという方もいるかもしれません。

ハマ氏

ハマ氏

そんな方のために、数々のオナホを体験してきたこのハマ氏が、忖度なしでオナホールをレビューしたっちゃ。

パロディオナホが好きだったり、プリコネが好きな方は必見!

そして購入を迷っている方はぜひ参考にしてけろ!

プニマンコネクト Muff Diveとは!?

『プニマンコネクト Muff Dive』は、2021年4月にタマトイズさんから発売されました非貫通型のオナホールです。

タマトイズさんといえば、やはりクオリティが高すぎるパッケージが魅力ですよね。

今回はこんな感じです。

プニマンコネクト Muff Diveの画像

もうこれは完全にキャルちゃんなんだべww

キャルちゃんを知らない方のために説明すると、プリコネシリーズでは1,2を争う人気キャラクターで、猫耳とツンデレな性格が人気のキャラクターです。

ハマ氏

ハマ氏

プリコネファンには伝わると思うけども、ここでコッコロちゃんじゃなくて、キャルちゃんをチョイスするあたりがセンスの高さをうかがわせるんだべw
やっぱりこの立ち絵のキャルちゃんはいいなぁ。

こういうパッケージのクオリティの高さもタマトイズさんの魅力です。

それでも、やはり気になるのは中身のオナホですよね。

いくらパッケージがかわいくても、肝心のオナホが気持ちよくないと、買った時のどきどきも半減…。

油臭いオナホだったり、そもそも射精できないほど気持ちよくないなど、ハマ氏は何度も騙されてきたんだべ…。

ですが、そこはオナホの老舗メーカーでもあるタマトイズさんなら大丈夫!

これまでのパロディオナホも高評価で、内部構造もしっかりと作り込まれているものが多いです。

今回紹介する『プニマンコネクト Muff Dive』も、後ほど紹介しますが、イボイボに特化した内部構造のクオリティが高く、かなり期待できそうですね!

ハマ氏

ハマ氏

ちなみにこのオナホはNLSで1,584円で購入できます。
この作りこみで1,000円台で楽しめるのは、かなりコストパフォーマンスが高そうですね。

んだば、この後は購入した『プニマンコネクト Muff Dive』のスペックを一緒に見さいぐべ!

プニマンコネクト Muff Diveとスペック

ではまずスペックを見ていきましょう。

プニマンコネクト Muff Diveのスペック画像

なるほど、ミドルサイズのオナホとしては260gは平均的な重さです。

素材の柔らかさも中間的で、バランスの取れた仕上がりですね。

箱には記載されていませんが、メーカーの公式サイトを参照すると、全長は140mmで内部長と幅はともに60mmとなっています。

ストレス臭カットと書いてありますが、このパロディオナホシリーズはややにおいの気になるものが多い印象がありますね。

ハマ氏

ハマ氏

このあたりは開封してから確かめていきましょう。

プニマンコネクト Muff Diveのパッケージ側面の画像

やはり内部構造にはかなりこだわりを持っているようですね。

内部は膣丘と呼ばれるイボ構造によりゴリゴリの刺激を生み出し、奥は亀頭をくわえ込む子宮口を形成しています。

ハマ氏

ハマ氏

パロディオナホにここまでのクオリティで内部構造を作りこむのは、タマトイズさんのノウハウの賜物ですね。

プニマンコネクト Muff Diveのパッケージ裏の画像

かなりイボイボの構造が密集しているのがわかりますね。

これだけ構造がはっきりしていれば、亀頭や裏筋への刺激も強そうなんだべw

まったり長時間楽しめると表記がありますが、どちらかといえばユルマンな感じでしょうか?

ハマ氏

ハマ氏

「キャルちゃんのあそこはキツキツで高刺激なんだべ!!」と心の中のハマ氏が叫んでいますが、このあたりはキャルちゃんのあそこをイメージしたつくりかは不明です。

いずれにせよ、高刺激系オナホではないので、ややスローなオナニーを楽しみたい方におすすめのようです。

また日本製のため安心して使用できます。

オナホのようにチンコのようなデリケートな部分に当たるものこそ、日本製を使用したいですよね。

プニマンコネクト Muff Diveを実際に使ってみた!

んだば早速『プニマンコネクト Muff Dive』を使ってみるべ!

開封します!

ではいざ開封!!
プニマンコネクト Muff Diveの箱を開けているアニメーション画像

開封すると。
プニマンコネクト Muff Diveの中身の画像

ビニールに包まれたオナホが登場しました。

ハマ氏

ハマ氏

このパロディオナホシリーズは開封した時点で油っぽさがありますが、『プニマンコネクト Muff Dive』に関してはそんな感じはないですね。

ビニールを開いてみましょうか。

プニマンコネクト Muff Diveの中身のアニメーション画像

あー、やっぱり油っぽさはずいぶんと抑えられていますね。

そして思っていたよりも弾力が強いです。

プニマンという名前に恥じない感触ですね。

ハマ氏

ハマ氏

ただビニールを開いたと同時にオナホ独特の臭いが…。

まずは正面から。

プニマンコネクト Muff Diveを正面から見た画像

ビラビラの造形にそこまで特徴はないんだべ。

ハマ氏

ハマ氏

他社さんですが、メイトさんの『ボクのおなぺっと』の入口にそっくりだと感じました。

次は横から。

プニマンコネクト Muff Diveを横から見た画像

色は色白なキャルちゃんの肌みたいな感じだべw

最後に後ろ。

プニマンコネクト Muff Diveを後ろからみた画像

やや肉厚な感じが伝わるでしょうか。

内部長は短めですが、この厚さなら突き破ることも無いでしょう。

プニマンコネクト Muff Diveに付属しているローションの画像

ローションはやはりタマトイズさんならではのエッチな女の子の絵がw

ハマ氏

ハマ氏

このローションの女の子がハマ氏は個人的に好きなんだべw

ローションもたっぷり入っているため、一回の使用で足りなくなる心配もありません。

プニマンコネクト Muff Diveを伸ばしているアニメーション画像

本当にプニップニのプニマンなんだべー!

ずっと触っていたい柔らかさです。

ハマ氏

ハマ氏

オナホ愛好家の方には、セブンティーンボルドーより少し柔らかい程度と表現すれば伝わるでしょうかね。

プニマンコネクト Muff Diveの正面からみた画像

やっぱりくぱぁするとエロいんだべw

ハマ氏

ハマ氏

ちょっと画像ではわかりにくいけど、かなり広げやすいべ。
これなら半勃ちでも大丈夫!

プニマンコネクト Muff Diveの挿入部を広げているアニメーション画像

ちょっと穴が小さいから心配しましたが、このくらい柔らかくて裏返しやすいなら、メンテも心配ないですね。

ハマ氏

ハマ氏

裏返すのはまあまあ簡単だべ。
ただし裏返してメンテするのは、メーカーも推奨してはいないので、あくまで自己責任です。

プニマンコネクト Muff Diveを裏返した画像

裏返してみると、中の構造がはっきりわかります。

本当にイボが密集しており、ゴリゴリ系の刺激に特化していると予想されますね。

数の子天井どころか、内部全体が数の子状態です。

プニマンコネクト Muff Diveを裏返した画像

イボイボも大きいのと小さいものがあることがわかりますね。

あとイボの配置にも違いがあります。

このイボ構造が強いゴリゴリとした刺激を生み出しそうです。

ハマ氏

ハマ氏

これは亀頭と裏筋に絶えず気持ちよさを味合わせてくれそうですね。

それではお待たせいたしました!

我が宝具のギルガメッシュを顕現させましょう!

然り然り然り!!
ディルドの画像

今回もコイツを挿入してレビューしましょう。

ディルドのアニメーション画像
おー、ギルガメッシュも自ら震えるほど早く入れたいとやる気満々ですw

ディルドの画像
ありゃ?まーた先走り汁たらしてますねw

このドスケベが!(いや自分のチンコです)

挿入します!

ローションを垂らして…
プニマンコネクト Muff Diveにローションを注入しているアニメーション画像

いざ挿入!
プニマンコネクト Muff Diveにディルド挿入しているアニメーション画像

す、すんげぇ気持ちいいんだべw

もう入口にちょっと差し込んだだけでもイボを感じられるんだべw

ハマ氏

ハマ氏

挿入だけでこの気持ちよさは、これは期待ができるっちゃ!
もは我慢でぎねがら、シコるぞ!!!

シコシコします!

プニマンコネクト Muff Diveにディルドを出し入れしているアニメーション画像

じゃじゃじゃ!

なんたらこのオメコごずごずずくて気持ちいいんだべ!
(訳:このオマンコの中はゴツゴツした感触が気持ちいいですね)

ほんとに数の子がまわりさくっつがってらような気持ちよさだ!
(訳:本当に数の子が周囲にくっついているかのような気持ちよさです)

しめつけはそごまで強ぐはねがえども、ごりごりず感触はこれはせんずりこがせでもらうよりも気持ぢいがえじゃ!
(訳:締め付けはそこまで強くありませんが、ゴリゴリとした感触は普通にオナニーするよりもよっぽど気持ちいいです)

このままだといぎそうだべww

ハマ氏

ハマ氏

すみません…。あまりに気持ち良すぎて、いつものごとく東北弁丸出しでしたね。
標準語でちゃんとレビューしますw

やはりこの密集したイボ構造が強い刺激を生み出していますね。

ゴリゴリとしっかりと亀頭と裏筋をガッツリ刺激してくれます。

しかもチンコにイボがまとわりつくような感覚を与えてくれるので、まるで膣括約筋が動いているかのような印象を受けます。

さらにペースを早めてシコシコしてみます。

プニマンコネクト Muff Diveにディルドを出し入れしているアニメーション画像

おお!!

動かせば動かすほどゴリゴリがめちゃくちゃ気持ちいいんたべ!

うねうねゴリゴリした感触が、なんとも言えないハーモニーを生み出します。

ハマ氏

ハマ氏

これはかなりきもちいいぞー。
よーし、もうちょっと早くシコシコしてみるべ。

プニマンコネクト Muff Diveにディルドを出し入れしているアニメーション画像

おー、やっぱり気持ちいいんだべw

早くストロークすると、ゴリゴリ感がアップしますね。

ただ奥まで突いても、子宮口の構造はあまり感じられません。

また空気を抜いても、バキューム感はそれほど強くありませんね。

しかしそれらを忘れさせてくれるほどイボ構造が気持ちよすぎます。

ハマ氏

ハマ氏

気持ちよすぎてまともにレビューできないんだべw
そうこうしているうちに、ギルガメッシュにも限界が近づいていますw

よーしラストスパート!

プニマンコネクト Muff Diveにディルドを出し入れしているアニメーション画像

あっ、イグイグ!

プニマンコネクト Muff Diveにディルドを出し入れしているアニメーション画像

ふぅ…。

ハマ氏

ハマ氏

いやぁ、これは今まで使ってきたイボ系オナホの中ではトップクラスの気持ちよさですね。

NLSで『プニマンコネクト Muff Dive』を購入する。

オカズにしたエロアニメ

OVAウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?#1あと年上に囲まれて慌てるトコとか見たくね?W
数々の週刊誌・月刊誌でエロ漫画を連載しているサークル「チンジャオ娘。」が送るショタ好きにはたまらない作品が今度はアニメになって登場!
憧れのお姉ちゃんのお友達とあんなことやこんなことが…。ショタ好きのツボをしっかりと抑えている良作です!
無料サンプルを見る。

まとめ

今回はプニマンコネクト Muff Diveをレビューしました。

予想を上回る気持ちよさで、個人的にはかなり満足度は高かったです!

しかし冷静にレビューすると、良い点と悪い点がはっきりしてきました。

良かった点はイボ構造です。

イボ構造って意外と難しくて、実は気持ちよさをうまく伝えるのが大変なギミックなんですよね。

硬すぎると人によっては痛いですし、柔らかすぎる刺激が足りなかったりと、絶妙な素材の硬度調整が必要です。

ハマ氏

ハマ氏

またイボが数か所あるだけでは刺激も足りず、配置も大きく性感に影響してくるため、ありふれた構造ですが、当たりはずれが激しいのがイボ構造だとハマ氏は思っています。

しかし『プニマンコネクト Muff Dive』はイボ構造の硬さと配置が絶妙で、かなり満足度が高かったです。

この点はタマトイズさんのオナホメーカーとしての知識や経験が表れていると感じました。

逆に残念な点をあげるとしたら、やはりオナホ独特の臭いです。

撮影後もしばらく右手から臭いがとれず、洗ってもなかなか取れませんでした。

ハマ氏

ハマ氏

このパロディオナホシリーズのほとんどがストレス臭カットと言っているんですよね。
そのわりには今回のように臭うものも多いので、その点は今後のタマトイズさんの企業努力に期待です。

ちょっと後半で辛口の評価をしましたが、総合的にはかなり満足できる仕上がりだと思います。

特にイボイボから来るゴリゴリ感が好きな方にはおすすめです。

気になった方はぜひ使用してみでけろ!

『プニマンコネクト Muff Dive』総合評価

プニマンコネクト Muff Diveの商品画像
値段 約1,600円
※販売店により異なります。
サイズ 全長:140mm 全幅:60mm 内部長:60mm
重量 約260g
原産国 日本製
メーカー タマトイズ
形状 非貫通型
オススメ度 4 out of 5 stars (4 / 5)
刺激 ゴリゴリ系
オナホ臭 かなりあり
ベタつき 少しあり

こんな人にオススメ!

プリコネシリーズが好きな人
イボ系オナホのゴリゴリ感が好きな人
プニプニとした弾力の強いオナホが好きな人

NLSで購入

FANZAで購入

大人のおもちゃ
通販大魔王で購入

https://onuts.jp/onahole-recommended/